レオス・キャピタルワークスの話
レオス・キャピタルワークスの話
社長の藤野さんが語る

第1回

レオス・キャピタルワークスができるまで

レオス・キャピタルワークス社長の藤野さん。
起業のきっかけや、社員の方々や会社の雰囲気について、ひふみ投信の未来についてなど
普段なかなか聞くことのできないお話をたっぷりインタビューさせていただきました。

tsumiki証券COO   仲木威雄

インタビュアー:tsumiki証券COO 仲木威雄

もともと起業するつもりなんかなかった

仲木:

レオス・キャピタルワークス(以下:レオス)を立ち上げて、運用をスタートされました。
起業した理由はなんでしょうか。

藤野さん:

実は、もともと起業するつもりなんか全くなかったんです。どちらかと言うと僕自身は裁判官になりたくてですね。

仲木:

えー裁判官!?

藤野さん:

はい。それで高校・大学時代を過ごしていたんですが、司法試験に落ちたんです。司法試験の予備校代を稼ぐために、2年間腰掛で野村アセットマネジメント(運用会社)に行ったんですね。1990年入社当時はバブルだったので、端的に稼げそうで、キャリアにもなって「一応、金融機関で働いてました」と言えると、何らかの箔も付くかなという考えがありました。まあ、弁当屋でバイトするより良いかなみたいな。実はそんな感じで入社したんですよ。

仲木:

なるほど。入社したその後はどうでした?

藤野さん:

それで入ってみたら、中堅中小企業に投資をする部署に配属されたんです。
はじめは毎日嫌でしょうがなくて。おっさんがやって来て、ワーワー言うので。なんだこりゃみたいなね(笑)いつか検事になって、こういう人達を逮捕してやるみたいに思ってたんですよ。
でもそれがやっぱり、半年、1年と経つうちに、段々考えが変わって来て、こっちがリアルじゃないかと。

仲木:

リアル?といいますと?

藤野さん:

社会を支えているのはこの人達で、こういう人達がいるからこそ世の中成り立っているんだというのを感じ始めたんですよね。はじめのうちは丸の内のビルにオフィスを構えているような大企業が格好いいと思ってたし。

仲木:

一緒です。私もそう思ってたんで銀行に入りました。

藤野さん:

ね。そう思いますよね。
最近見ないけど、当時、アタッシュケースが格好良くて。そういうのをこう持って、中にはパソコンとか入っていて、CFOとかと、高層ビルの一室でカシャカシャやるのが格好いいと思ってたわけですよ。

仲木:

はい。革靴でカツカツと歩いてね(笑)

藤野さん:

そうそう。
そして、DCブランドの服とか着てみたいな。なんかね、今考えると恥ずかしいですけど、そんなふうに思ってたわけですよ。だから、ちっちゃい会社って良く思えなかったんです。弱い小動物みたいなイメージがあった。やっぱり、ライオンとか、チーターとかの方が格好いいじゃないですか。だから、その下にある企業に対して「こんなの見てても、しょうがないな」と思ってたんですよ。

ところが、ずーっと見てると、そういうちっちゃい会社ってなんか「実は格好いいな!」とか、何て言うのかなあ?、「なんかすごいな!」という認識になったんですね。

対談
仲木:

そう思われたのには何かきっかけがあったんですか?

藤野さん:

いやいや、無いんですよ。よく聞かれるんだけど。毎日、ちょっとずつ、ちょっとずつ、思うようになったわけです。それで、2年か3年ぐらい経ったとき、司法試験を受けること自体も徐々に忘れちゃった。

仲木:

ほおー面白い!!

藤野さん:

中堅中小企業の投資そのものが面白くなっちゃって。
知れば知るほど奥深くて、世の中のことを隅々まで知るようになってくると、たまんないわけですよね。で、1社、1社、創業経営者にはドラマがある。笑いあり、涙ありのエピソードのない人なんかいないので。だからどの経営者の話を聞いても楽しいわけですよね。毎回1時間半ぐらい映画を見ているような感じで。

仲木:

まさにドラマ、映画ですね!

藤野さん:

そう!ドラマ、映画なんですよ。

tsumikiが取り扱う商品は

それぞれの
個性と魅力があります。

ページトップへ